オルソル

オルソル

無垢材削り出しの存在感。背中が伸びて、腰をしっかりホールド、 木製でホッ!とする掛け心地の椅子が生まれました。全体のサイズ、バランスを整えた完成度の高いダイニングチェアー。フォルム全体にホールド感と一体感を生み出している。自然に溶け込みながらも独自の存在感を放つ。素材そのもののぬくもりを伝える無垢削出しの椅子です。
福岡工業技術センターインテリア研究所と富山大学芸術文化部との共同開発のこの椅子。上半身をしっかりと支え、座り心地の良い姿勢に導くには、骨盤の「カタチ」が重要です。椅子に座った時、上半身の土台となるのは骨盤ですが、その「カタチ」が悪いと上半身はふらつき、不安定となり、いろいろな身体の部分に負担を与え主に腰痛や首痛、肩こりなどを引き起こしてしまいます。では、理想的な骨盤の「カタチ」とは何でしょうか?上半身が安定した状態とは、背骨がS字カーブを描き、重たい頭をしっかり支えている状態、すなわち「立っているとき」の状態です。オルソルチェアーは座っていても、立っている状態の骨盤の「カタチ」に近づけるように、骨盤のサポートに重点をおいて座面と背もたれの形状に工夫を凝らし、理想の座り心地の良い椅子に仕上げました。掛け心地から考えだされた完成度の高い椅子なのです。
テレビでも紹介されました。

オルソル

オルソルのその他の画像

  • オルソル1
  • オルソル2
  • オルソル3
  • オルソル4
  • オルソル5
  • オルソル6
  • オルソル7
  • オルソル8
  1. 1骨盤のサポートに重点をおいて座面と背もたれの形状に工夫を凝らしました。
  2. 2堀り込んだ手がかりは、使い勝手に配慮された動かしやすい構造。
  3. 3左上から時計回りに。ウォールナット。ブラックチェリー。ポンデロサパイン。アルダー。

サムネイルをクリックすると拡大表示します。

Detail 職人のこだわり

オルソルの詳細画像

  • オルソル1
  1. 1木製の椅子とは思えない滑らかな曲線。

サムネイルをクリックすると拡大表示します。

Maintenance 家具のメンテナンス

何度も何度も鉋がけをしてツルツルに仕上げたうえで、イギリス製のオイル(自然塗料)を3回塗布し、摺り込み、最後にワックスで拭き上げ仕上げています。木がナチュラルに呼吸出来るので、木本来の油分が表面に出て、それがワックスの代わりになり使う程にツヤが出てきます。

お手入れは、乾拭きがベストですが、たまに水拭きでも結構です。ウォールナットは年に一回程ワックスがけをして頂くと木の滑らかさと愛着がでてきます。木製品用のワックスであれば大丈夫です。

オイル塗布の様子

Ordermade オーダーメイドについて

ナカヤマ木工の家具は受注生産。だから家具のサイズや木材の変更も可能です。「ここがあともう少し長ければ…」といったお客様の声に1cm刻みで柔軟に対応致します。

テーブル類の場合,こたつ仕様のサイズや木材のオーダーメイドも承っております。まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

オルソル

オルソル

サイズ W440mm
H740mm
D500mm
SH425mm
材質 ウォールナット
ブラックチェリー
アルダー
ポンデロサパイン
価格 ウォールナット¥68,040
ブラックチェリー¥68,040
アルダー¥64,800
ポンデロサパイン¥64,800

お問い合わせ

  • お問い合わせ
  • お電話での問い合わせは0944-86-4227

オルソル